In press 

 該当なし
 
Published
学術論文
  1. 岡島 義(2018).治療への動機づけが低い睡眠不足症候群患者に対する認知行動的アプローチの適用 ストレス科学,33(1),57−64.
  2. Ayabe, N., Okajima, I., Nakajima, S., Inoue, Y., Watanabe, N., Yamadera, W., Uchiyama, N., Tachimori, H., Kamei, Y., & Mishima, K. (2018). Effectiveness of cognitive behavioral therapy for pharmacotherapy-resistant chronic insomnia: A multi-center randomized controlled trial in Japan. Sleep Medicine, 50, 105-112.
  3. Kobayashi, M., Okajima, I., Narisawa, H., Kikuchi, T., Matsui, K., Inada, K., Ishigoka, J., & Inoue, Y. (2018). Development of a new benzodiazepine hypnotics withdrawal symptom scale. Sleep and Biological Rhythms, 16(3), 263-271.
  4. Okajima, I., & Inoue, Y. (2018). Efficacy of cognitive behavioral therapy for comorbid insomnia: A meta-analysis. Sleep and Biological Rhythms, 16(1), 21-35.
  5. Okajima, I., & Chen, J. (2017). The effect of insomnia on changes in anxiety, depression, and social function after a transdiagnostic treatment targeting excessive worry. Sleep and Biological Rhythms, 15(3), 243-249.
  6. 岡島  義(2017).不眠症の認知行動療法は何を改善しているのか?:媒介要因の検討  ストレスマネジメント研究,13(1),4-10.
  7. Nakajima, S., Komada, Y., Sasai, T., Okajima, I., Harada, Y., Watanabe, K., Inoue, Y. (2017). Higher sleep reactivity and insomnia mutually aggravate depressive symptoms: A cross-sectional epidemiological study in Japan. Sleep Medicine, 33, 130-133.
  8. Okajima, I., Nakajima, S., Ochi, M., & Inoue, Y. (2017). Association among changes in sleep-related beliefs, sleep reactivity, and improvement of insomnia following cognitive behavioral therapy. Sleep Medicine, 29, 96-97.
  9. Ito, W., Komada, Y., Okajima, I., & Inoue, Y. (2017). Excessive daytime sleepiness in adults with possible attention deficit/hyperactivity disorder (ADHD): A web-based cross-sectional study. Sleep Medicine, 32, 4-9.
  10. 岡島 義(2016).睡眠歯科領域で活かす認知行動療法のエッセンス 睡眠口腔医学,3(1), 5-9.
  11. Ito, E., Tsuiki, S., Maeda, K., Okajima, I., & Inoue, Y. (2016). Oropharyngeal crowding closely relates to aggravation of obstructive sleep apnea. Chest, 150(2), 346-352. 
  12. 羽澄 恵・林田健一・中島 俊・岡島 義・井上雄一(2015).薬物療法が長期化している慢性不眠症患者の眠れない実感に関する認知構造 臨床心理学,15(5), 641-651.
  13. Ishikawa, S., Motoya, R., Sasagawa, S., Takahashi, T., Okajima, I., Takeishi, Y., & Essau, C.A. (2015). Mental Health problems among undergraduates in Fukushima, Tokyo, and Kyoto after the March 11 Tohoku Earthquake. Tohoku Journal of Experimental Medicine, 236(2), 115-122.
  14. 岡島 義(2015).不眠の悪化によるうつ病再発の恐怖が拭えないクライエントに対する不眠の認知行動療法の実践 心理臨床学研究,32(6),652-661.
  15. 金澤潤一郎・岡島 義・坂野雄二(2015).成人期のADHD患者の補償方略および気分状態と機能障害との関連 ストレスマネジメント研究,11(1),20-30.
  16. 羽澄 恵・林田健一・中島 俊・岡島 義・井上雄一(2014).薬物治療の長期化における不眠症患者の心理プロセス 臨床心理学,14(5),712-723.
  17. 髙橋高人・岡島 義・シールズ久美・大藪由利枝・坂野雄二(2014).児童に対する抑うつ改善プログラムの効果―多様性のあるコーピングとリラクセーションの習得― 行動療法研究,40(3),189-200.
  18. 岡島 義・井上雄一(2014).うつ病に伴う不眠に対する認知行動療法の有効性に関する展望 行動科学,53(1),69-78.
  19. 岡島純子・岡島 義・熊野宏昭(2014).社交不安障害とパニック障害を合併した患者に対する認知行動療法―機能分析に基づく介入効果― 認知療法研究, 7(2), 189-197.
  20. Okajima, I., Nakajima, S., Ochi, M., & Inoue, Y. (2014). Reducing dysfunctional beliefs about sleep does not significantly improve insomnia in cognitive behavioral therapy. PLOS ONE, 9(7), e102565.
  21. 岡島 義・碓氷 章・井上雄一(2014).不規則睡眠-覚醒型概日リズム睡眠障害に対する光治療と認知行動療法の試み 睡眠医療,8(2),240-243.
  22. 中島 俊・岡島 義・井上雄一(2014).労働者における不眠症状と心理的特徴との関連 ストレス科学,28(4),275-284.(日本ストレス学会 学会賞受賞)
  23. Nakajima, S., Inoue, Y., Sasai, T., Okajima, I., Komada, Y., Nomura, T., & Takahashi, K. (2014). Impact of frequency of nightmares comorbid with insomnia on depression in Japanese rural community residents: A cross-sectional study. Sleep Medicine, 15(3), 371-374.
  24. 岡島 義(2014).うつ病改善後の残遺不眠を訴える慢性不眠症患者に対する機能的アセスメントに基づく介入効果 行動療法研究,40(1),1-11.
  25. Nakajima, S., Okajima, I., Sasai, T., Kobayashi, M., Furudate, N., Drake, C.L., Roth, T. R., & Inoue, Y. (2014). Validation of the Japanese version of the Ford Insomnia Response to Stress Test (FIRST-J) and the association of sleep reactivity with trait anxiety and insomnia. Sleep Medicine, 15(2), 196-202.
  26. Essau, C.A., Ishikawa, S., Sasagawa, S., Otsui, K., Sato, H., Okajima, I., Georgiou, G. A., O'Callaghan, J., & Bray D. (2013). Psychopathological symptoms in two generations of the same family: A cross-cultural comparison. Social Psychiatry and Psychiatric Epidemiology, 48(12), 2017-2026.
  27. Okajima, I., Nakamura, M., Nishida, S., Usui, A., Kanno, M., Nakajima, S., & Inoue, Y. (2013). Cognitive behavioural therapy with behavioural analysis for pharmacological treatment-resistant chronic insomnia. Psychiatry Research, 210(2), 515-521.
  28. 高垣耕企・岡島 義・国里愛彦・中島 俊・金井嘉宏・石川信一・坂野雄二(2013).Behavioral Activation for Depression Scale(BADS)日本語版の作成 精神科診断学,6(1),76-85.
  29. Okajima, I., Nakajima, S., Kobayashi, M., & Inoue, Y. (2013). Development and validation of the Japanese version of the Athens Insomnia Scale (AIS-J). Psychiatry and Clinical Neurosciences, 67(6), 420-425.
  30. Takagaki, K., Okajima, I., Kunisato, Y., Nakajima, S., Kanai, Y., Ishikawa, S., & Sakano, Y. (2013). Preliminary assessment of the behavioral activation model in Japanese undergraduate students. Psychological Reports, 112(1), 47-59.
  31. Essau, C. A., Sasagawa, S., Ishikawa, S., Okajima, I., O'Callaghan, J., & Bray, D. (2012). A Japanese form of social anxiety (taijin Kyofusho): Frequency and correlates in two generations of the same family in Japan. International Journal of Social Psychiatry, 58(6), 635-642. 
  32. Komada, Y., Nomura, T., Kusumi, M., Nakashima, K., Okajima, I., Sasai, T., & Inoue, Y. (2012). A 2-year follow-up study on the symptoms of sleep disturbances/insomnia and their effects on daytime functioning. Sleep Medicine, 13(9), 1115-1121.(日本睡眠学会 第18回睡眠研究奨励賞〔臨床系論文〕)
  33. Sakuta, K., Komada, Y., Kagimura, T., Okajima, I., Nakamura, M., & Inoue, Y. (2012). Factors associated with severity of daytime sleepiness and indications for initiating treatment in patients with periodic limb movements during sleep. Sleep and Biological Rhythms, 10(3), 187-194.
  34. 高垣耕企・岡島 義・坂野雄二(2012).大学生の認知行動的特徴と抑うつ症状の変化との関連性:スキーマと行動の選択要因に焦点を当てて パーソナリティ研究,21(1),63-73.
  35. 樋町美華・岡島 義・羽白 誠・坂野雄二(2012).成人型アトピー性皮膚炎患者の不安についての検討―クラスター分析を用いて― 心身医学,52(8),734-744.
  36. Okajima, I., Komada, Y., Nomura, T., Nakashima, K., & Inoue, Y. (2012). Insomnia as a risk for depression: A longitudinal epidemiological study on a Japanese rural cohort. Journal of Clinical Psychiatry, 73(3), 377-383.
  37. 岡島 義・国里愛彦・中島 俊・高垣耕企(2011).うつ病に対する行動活性化療法―歴史的展望とメタ分析― 心理学評論,54(4),473-488.
  38. 高垣耕企・岡島 義・国里愛彦・中島 俊・秋田久美・金井嘉宏・石川信一・坂野雄二(2011).The Cognitive-Behavioral Avoidance Scale(CBAS)日本語版の作成 精神科診断学,4(1),104-113.
  39. 岡島 義・金井嘉宏・福原佑佳子・岡島純子(2011).小・中学生における社会不安障害の認知行動モデルの構築とサブタイプの検討 カウンセリング研究,44(1),19-27.
  40. Essau, C. A., Ishikawa, S., Sasagawa, S., Sato, H., Okajima, I., Otsui, K., Georgiou, G. A., O'Callahan, J., & Michie, F. (2011). Anxiety symptoms among adolescents in Japan and England: Their relationship with self-construals and social support. Depression and Anxiety, 28(6), 509-516. 
  41. Komada, Y., Abe, T., Okajima, I., Asaoka, S., Matsuura, N., Usui, A., Shirakawa, S., & Inoue, Y. (2011). Short sleep duration and irregular bedtime are associated with increased behavioral problems among Japanese preschool-age children. Tohoku Journal of Experimental Medicine, 224 (2), 127-136.
  42. 国里愛彦・高垣耕企・岡島 義・中島 俊・石川信一・金井嘉宏・岡本泰昌・坂野雄二・山脇成人(2011).日本語版Environmental Reward Observation Scale(EROS)の作成と信頼性・妥当性の検討 行動療法研究,37(1),21-31.
  43. Okajima, I., Komada, Y., & Inoue, Y. (2011). A meta-analysis on the treatment effectiveness of cognitive behavioral therapy for primary insomnia. Sleep and Biological Rhythms, 9 (1), 24-34.(日本睡眠学会 第17回睡眠研究奨励賞〔機関誌掲載論文〕)
  44. Komada, Y., Nomura, T., Kusumi, M., Nakashima, K., Okajima, I., Sasai, T., & Inoue, Y. (2011). Correlations among insomnia symptoms, sleep medication use and depressive symptomsPsychiatry and Clinical Neurosciences, 65(1), 20-29.
  45. 岡島 義・井上雄一(2010).睡眠薬を長期服用している慢性不眠症患者に対する認知行動療法の効果 行動療法研究,36(3),195-203.
  46. 樋町美華・岡島 義・大澤香織・羽白 誠・坂野雄二(2010).痒みに対する不安が掻破行動を介して健康関連QOLに及ぼす影響健常学生と成人型アトピー性皮膚炎患者の比較 心身医学,50,387-395.
  47. 髙橋高人・岡島 義・坂野雄二(2010).中学生における不安と抑うつ,そしてその双方が高い児童の社会的スキルの特徴 児童青年精神医学とその近接領域,51,1-9.
  48. 髙橋高人・松岡紘史・岡島 義・樋町美華・古川洋和・山内 剛・坂野雄二(2009).医療現場における身体疾患をもつ患者へのストレスマネジメントの有効性メタ分析による検討 ストレス科学,24,215-227.(日本ストレス学会 学会賞受賞)
  49. 岡島 義・井上雄一(2009).慢性不眠症に対する認知行動療法の歴史と現状 睡眠医療,3,529-534.
  50. 岡島 義・井上雄一(2009).睡眠薬治療中にも不眠症状が持続する2症例に対する認知行動療法 不眠研究,81-85
  51. 岡島 義・福原佑佳子・山田幸恵・坂野雄二・La Greca, A. M.2009).Social Anxiety Scale for Children-RevisedSASC-RSocial Anxiety Scale for AdolescentsSAS-A日本語版の作成 児童青年精神医学とその近接領域50457-468
  52. 樋町美華・岡島 義・羽白 誠・坂野雄二2009).成人型アトピー性皮膚炎患者の痒みに対する不安の研究構造方程式モデリングを用いて 心身医学,491111-1118
  53. Okajima, I., Kanai, Y., Chen, J., & Sakano, Y. (2009). Effects of safety behaviour on the maintenance of anxiety and negative belief social anxiety disorder. International Journal of Social Psychiatry, 55(1), 71-81BioMedLib により当該研究分野で Top 10 article に選出[2011.03.04]).
  54. 岡島 義・福原佑佳子・秋田久美・坂野雄二2008).Liebowitz Social Anxiety Scale for Children and AdolescentsLSAS-CA日本語版の作成 児童青年精神医学とその近接領域49531-540
  55. 岡島 義・金井嘉宏・笹川智子・金澤潤一郎・秋田久美・陳 峻雯・坂野雄二2008). 社会不安障害尺度Social Phobia and Anxiety Inventory日本語版の開発 行動療法研究34297-309
  56. 岡島 義・坂野雄二(2008).安全確保行動の修正が社会不安症状に及ぼす影響 精神医学,50801-808
  57. 岡島 義・坂野雄二(2008).社会不安障害における安全確保行動の役割 行動療法研究,3443-54
  58. Ishikawa, S., Okajima, I., Matsuoka, H., & Sakano, Y. (2007). Cognitive behavioural therapy for anxiety disorders in children and adolescents: A meta-analysis. Journal of Child and Adolescent Mental Health, 12, 164-172.
  59. 樋町美華・岡島 義・大澤香織・羽白 誠・坂野雄二(2007).成人型アトピー性皮膚炎患者の痒みに対する不安尺度の開発信頼性・妥当性の検討 心身医学,47793-801
  60. 岡島 義・金井嘉宏・陳 峻・坂野雄二2007).日本語版Liebowitz Social Anxiety ScaleLSAS)の因子構造確認的因子分析による検討 精神医学,49829-835
  61. 岡島 義・金井嘉宏・陳 峻・坂野雄二(2007).社会不安障害における恐怖場面内での回避行動の評価―Avoidance Behavior In-situation Scaleの開発 行動療法研究,331-12(日本行動療法学会 学会賞受賞)
  62. 岡島 義・金井嘉宏・金澤潤一郎・坂野雄二(2007).社会不安障害に対する有効な治療法の展望脳画像研究の観点から 精神科治療学,22, 447-457.
  63. 岡島 義・坂野雄二2006).社会不安障害に対するエクスポージャーのメカニズム構造方程式モデリングを用いた因果モデルの比較検討 精神科治療学,21743-749
  64. 坂野雄二・金井嘉宏・大澤香織・松岡紘史・岡島 義・朝波千尋・木戸真紀子2005).境界性人格障害に対する弁証法的行動療法に関するメタ分析 精神科治療学,2075-87
紀要論文
  1. 梅田亜友美・副島沙彩・木村香苗・増田悠斗・祢津晶子・岡島 義・桂川泰典(2017).発達障害児のきょうだいに対するサマーキャンプによる支援:バディシステムによる二者関係を通して 早稲田大学臨床心理学研究,17(1),12-23.,
  2. 田中佑樹・角田 絢・田邉泰子・尾関祐美・小坂 凛・樋沼友子・嶋 大樹・桂川泰典・岡島 義・嶋田洋徳(2016).学校不適応を抱える児童生徒に対するサマーキャンプによる適応支援:「個に応じた支援」を意図した実践 早稲田大学臨床心理学研究,16(1),19-34.
  3. 坂野雄二・中村 亨・岡島 義・山内 剛・高垣耕企・西郷達雄・中島公博(2010).入院うつ病患者を対象とした短期集団認知行動療法(II):ストレス対処と気分の改善を狙ったプログラムの効果.北海道医療大学心理科学部研究紀要,6,23-32.
  4. 坂野雄二・中村 亨・岡島 義・山内 剛・高垣耕企・西郷達雄・中島公博(2010).入院うつ病患者を対象とした短期集団認知行動療法(I):対人スキルの改善と適切な自己表現の獲得を狙ったプログラムの効果.北海道医療大学心理科学部研究紀要,6,11-22.
  5. 中島 俊・高橋高人・岡島 義・金澤潤一郎・坂野雄二(2008).自殺企図を示した社会不安の不登校高校生に対する認知行動療法.北海道医療大学心理科学部心理臨床・発達支援センター研究,435-44.
  6. 岡島 義金井嘉宏・陳 峻・坂野雄二2006).社会不安障害のアナログ研究における群設定のための基準 北海道医療大学心理科学部研究紀要, 2, 7-12.
  7. 岡島 義・坂本真士・坂野雄二2004).対人不安と人物の熟知度の関連性 北海道医療大学心理科学部心理臨床・発達支援センター研究,138-46
一般論文
  1. 岡島 義(2019).不眠症に対する認知行動療法:ICTを活用した治療は可能か?(特集:不眠症の薬物治療と非薬物治療) ねむりとマネージメント,6(1),14-16.
  2. 岡島 義・井上雄一(2019).不眠の認知行動療法:実践的研究の動向とアップデート(特集:認知行動療法の進歩:研究と臨床の最前線) 分子精神医学,19(1),16-22.
  3. 尾棹万純・岡島 義(2019).睡眠—覚醒リズムに着目した心理社会療法(特集I:精神疾患と睡眠—覚醒リズム)精神科,34(1),40-45.
  4. 石井美穂・岡島 義(2018).気分障害における不眠と認知機能障害 臨床精神病理,22(1),69-74.
  5. 岡島 義(2018).不眠に対する認知行動療法の理論と実践 産業精神保健,26(4),326-332.
  6. 岡島 義(2018).CBT-Iの理論と実践 心身医学,58(7),616-621.
  7. 岡島 義(2018).高齢者の不眠症患者に対する非薬物療法(特集:高齢者の睡眠ケアの新展開) Geriatric Medicine,56(1),31-34.
  8. 岡島 義(2017).習慣を変えさせる言葉がけ Modern Physician,37(8),842-846.
  9. 岡島 義(2017).不眠を言葉で治す! Modern Physician,37(8),840-842.
  10. 岡島 義(2017).ケースフォーミュレーションの観点から 睡眠医療,11(2),299-303.
  11. 岡島 義(2017).不眠治療に対する認知行動療法の活用 クリニシアン,656,16-21.
  12. 岡島 義・井上雄一(2016).標準的神経治療:不眠・過眠と概日リズム障害 VI-2 非薬物療法 神経治療,33(4),607-609.
  13. 岡島 義(2016).睡眠障害の認知行動療法 Medical Rehabilitation,203,75-79.
  14. 小野宏晃・岡島 義・上村佐知子・神林 崇(2016).オレキシン研究の進歩と睡眠医療への貢献 日本臨床生理学会雑誌,46(3),107-114.
  15. 岡島 義・鈴木伸一(2016).行動活性化療法 精神科臨床サービス,16(2),260-263.
  16. 岡島 義・井上雄一(2015).睡眠障害に対する認知行動療法:不眠症を中心として 精神療法,41(6),835-839.
  17. 岡島 義(2015). 不眠に対する生活指導,睡眠指導:認知行動的アプローチの観点から Geriatric Medicine, 53(10), 1043-1046.
  18. 岡島 義(2015).原発性不眠症に対するCBT-Iの実践と効果 認知療法研究,8(2),160-162.
  19. 岡島 義(2015).デバイス治療(特集:高齢者の睡眠障害)日本臨牀社,73(6),1006-1009.
  20. 越智萌子・岡島 義(2015).不眠症に対する認知行動療法の実践 睡眠医療,9(1),89-95.
  21. 岡島 義(2014).知っておきたい非薬物療法:認知行動療法 月刊薬事,56(4),533-536.
  22. 岡島 義(2014).睡眠薬を減量するための認知行動療法の活用 睡眠医療,8(1),121-125.
  23. 岡島 義(2014).併存不眠症に対する認知行動療法 心身医学,54(3),258-265.
  24. 岡島 義(2014).不眠症に対する認知行動療法の実際 産業精神保健,22(1),14-20.
  25. 岡島 義(2013).認知行動療法の実践ポイント CLINICIAN,60(6),32-36.
  26. 岡島 義(2013).認知行動療法とは何か?―歴史的変遷をたどる―(連載:不眠の認知行動療法) 睡眠医療,7(1),124-129. 
  27. 中島 俊・岡島 義・井上雄一(2012).不眠症の認知行動療法 内科,111(2),297-300.
  28. 岡島 義(2012).睡眠医療における多職種連携:臨床心理士の役割(特集 広がりゆく睡眠医療の可能性―包括的ケアシステムの構築と多職種連携) 睡眠医療,6(4),591-595.
  29. 岡島 義(2012).睡眠障害におけるストレスマネジメント介入 臨床心理学,12,817-820.
  30. 岡島 義(2011).睡眠医療での実証に基づく心理療法の現状(特集 睡眠医療が精神医学に寄与できること) 最新精神医学,16(6),721-727.
  31. 岡島 義(2011).睡眠障害に対する非薬物治療①:認知行動療法(特集 睡眠障害:「眠れない」をどう考え対応すべきか) 薬局,62(10),3365-3369.
  32. 駒田陽子・岡島 義・井上雄一(2011).質問紙の使い分け―エップワース眠気尺度(ESS),ピッツバーグ睡眠質問表(PSQI),アテネ不眠尺度― ねむりと医療,4(1),34-35.
  33. 岡島 義・福田一彦(2010).心理臨床と睡眠マネージメント(特集:現在社会における睡眠障害―広がる睡眠医療―) Progress in Medicine, 30, 1623-1627.
  34. 岡島 義・坂野雄二2006).現代社会とストレス疾患行動療法 臨牀と研究,83389-392
その他
  1. 岡島 義(2018).”CBT-Iの効果”というために必要なこと(コメント:不眠と日常への不満足感を主訴とする70歳代後半の男性に対するCBT-I) 睡眠医療,12(2),267.
  2. 岡島 義(2018).睡眠負債の問題は,そんなに単純な話ではない 心と社会,49(1),74-79.
  3. 岡島 義(2017).Common disease としての不眠症の意味:臨床研究の成果から 人間科学研究,30(1),161-162.
  4. 岡島 義(2017).巻頭言 早稲田大学臨床心理学研究,17(1),1.
  5. 岡島 義(2017).伊藤論文へのコメント(伊藤ら:予期の妨害によって広場恐怖が寛解した1例) 早稲田大学臨床心理学研究,17(1),11.
  6. 岡島 義・井上雄一・伊東若子(2016).平成27年度「牛乳乳製品健康科学」学術研究研究報告書「牛乳乳製品摂取量と睡眠・疲労・健康感に関する一般人口調査研究」(研究代表者)
  7. 岡島 義(2015).佐々木論文へのコメント(佐々木ら:メタ認知療法と行動活性化の組み合わせにより社交不安症患者の心配が短期間で減弱した一例) 早稲田大学臨床心理学研究,15(1), 25.
  8. 岡島 義(2013).自著を語る「不眠の科学」 心理学ワールド,61,40.
  9. 岡島 義・井上雄一(2012).うつに対する不眠のリスク:地域住民を対象とした縦断調査.PSYCHOABSTRACT, 4, 23.
  10. 岡島 義(2009.新旧の認知行動療法の共通性を探る行動療法,認知療法,ACT―.日本行動療法学会e-NEWS. 2009122日 http://wwwsoc.nii.ac.jp/jabt/j/e-news/annual/35-3.html 20091222日)
  11. 駒田陽子・岡島 義(2008).睡眠研究のツールとしての質問紙・睡眠臨床における心理技法.日本睡眠学会第13回「睡眠科学研究講座」プログラム(「睡眠臨床における心理技法」担当).
  12. 岡島 義(2008).内山記念賞(2).日本行動療法学会ニューズレター, 55, 6-7
  13. 岡島 義(2006).Schatzberg AFら「慢性うつ病:薬物療法(nefazodone)や精神療法(CBASP)の一方に効果がない場合のもう一方の有効性」.心身医学,46386