口頭発表

 

国内会議

  1. 岡島 義・駒田陽子・成澤 元・伊東若子・井上雄一(2019).牛乳乳製品の摂取が睡眠,抑うつ,健康感に及ぼす影響 第28回日本睡眠環境学会,研究発表18,広島(9月6日)(研究発表奨励賞 受賞)
  2. 岡島 義・駒田陽子・井上雄一(2019).慢性不眠症の病態に関与するクロノタイプと心理特性について 第44回日本睡眠学会定期学術集会,O10-057,名古屋(6月27日)
  3. 秋冨 穣・梶山征央・石井美穂・山口美峰子・岡島 義(2019).「睡眠日誌」アプリを利用した睡眠に関する生活習慣指導の検討 第92回日本産業衛生学会,O25-05,名古屋(5月24日)(優秀演題賞 受賞)
  4. 秋冨 穣・梶山征央・石井美穂・岡島 義・山口美峰子(2018).睡眠日誌アプリの開発と睡眠習慣改善行動の継続の予測 第32回日本人工知能学会全国大会講演論文集,3Pin1-52,鹿児島(6月7日)
  5. 岡島 義(2017).娘家族との同居を契機に発症した不眠症に対する認知行動療法の実践:文脈を変えることを意図した関わりが奏功したケース 日本心理臨床学会第36回秋期大会,神奈川(11月19日)
  6. 成澤 元・駒田陽子・岡島 義・井上雄一(2017).一般人口にみられる主観的眠気の関連要因 日本睡眠学会第42回定期気学術集会,神奈川(6月30日)
  7. 成瀬麻夕・高江洲義和・駒田陽子・岡島 義・井上雄一・坂野雄二・井上 猛(2017).Biological Rhythms Interview of Assessment in Neuropsychiatry(BRIAN)日本語版の信頼性と妥当性の検討 日本睡眠学会第42回定期学術集会,神奈川(6月30日)
  8. 綾部直子・岡島 義・中島 俊・井上雄一・渡辺範雄・山寺 亘・内村直尚・亀井雄一・三島和夫(2017).不眠症に対する認知行動療法の有効性:多施設共同RCTによる睡眠薬減薬の効果 日本睡眠学会第42回定期学術集会,神奈川(6月29日)
  9. 綾部直子・岡島 義・中島 俊・井上雄一・渡辺範雄・山寺 亘・内村直尚・亀井雄一・三島和夫(2016).不眠症に対する認知行動療法の有効性に関する検討:多施設共同RCTによる不眠症状の変化 第32回不眠研究会,東京(11月26日)(大熊賞 受賞)
  10. 岡島 義(2016).複数の精神疾患を持つクライエントに対する認知行動療法の実践:睡眠問題へのアプローチが奏功したケースを通して 日本心理臨床学会第35回秋季大会,横浜(9月6日).
  11. 岡島 義(2015).不眠症によってアルコール依存とうつ病を発症したケースに対する認知行動療法の実践 第2回日本医療心理学会ケースカンファレンス,長崎(12月19日).
  12. 岡島 義・中島 俊・越智萌子・井上雄一(2015).Pre-Sleep Arousal Scale日本語版(PSAS-J)の信頼性・妥当性の検討 第31回日本ストレス学会学術総会抄録集,163,東京.
  13. 山本純一・山本康高・新貝 敦・田口雄大・山口美峰子・岡島 義(2015).スマートフォンアプリによるCBT-Iの有効性と継続性に関する実験 第22回日本行動医学会学術総会,仙台(10月17日).
  14. 岡島 義・中島 俊・越智萌子・井上雄一(2013).不眠の認知行動療法による治療反応予測変数の検討 第29回不眠研究会,東京.(大熊賞 受賞)
  15. 岡島 義・中島 俊・井上雄一(2012).機能分析に基づく認知行動療法による不眠症改善に認知変容は媒介するのか? 日本行動療法学会第38回大会発表論文集,96-97.
  16. 岡島 義・中島 俊・小林美奈・井上雄一(2011).どの不眠重症度評定尺度がスクリーニングに優れているのか―PSQI, AIS, ISIの比較検討― 日本行動療法学会第37回大会発表論文集,146-147.
  17. 岡島 義・林田健一・中村真樹・渡邊芽里・碓氷 章・渋井佳代・井上雄一(2010).慢性不眠症患者に対する薬物療法と認知行動療法の効果―改善者と非改善者の特徴比較― 日本睡眠学会第35回定期学術集会プログラム・抄録集,269.
  18. 金澤潤一郎・岡島 義・横光健吾・増田由依・坂野雄二(2010).成人期の注意欠如多動性障害尺度の開発 日本AD/HD学会第1回総会プログラム・抄録集,18.
  19. 岡島 義・林田健一・中村真樹・渡辺芽里・碓氷 章・渋井佳代・井上雄一(2010).睡眠薬を長期服用中の慢性不眠症患者に対する認知行動療法の効果 第5回関東睡眠懇話会.
  20.  駒田陽子・岡島 義・野村哲志・井上雄一(2010).不眠の持続がQOLに及ぼす影響と慢性化要因について 第5回関東睡眠懇話会.
  21.  島 義・井上雄一(2009).睡眠薬を長期服用している慢性不眠症患者に対する認知行動療法の効果 第35回日本行動療法学会プログラム&抄録・発表論文集,200-201
  22.  金澤潤一郎・岡島 義・坂野雄二(2009).成人期のAD/HD患者の心理社会的側面と機能障害の検討 第50回日本児童青年精神医学会総会抄録集,249
  23.  岡島 義・福原佑佳子・坂野雄二(2009).児童・青年期に見られる社会不安症状の特徴比較 不安障害研究,1250-251
  24. 金澤潤一郎・岡島 義・坂野雄二(2009).AD/HD症状と気分状態と補償方略が成人期のAD/HD患者の機能障害に及ぼす影響自助グループ参加者を対象として 日本AD/HD研究会第1回総会プログラム・抄録集,19
  25. 樋町美華・岡島 義・羽白 誠・坂野雄二(2009).成人型アトピー性皮膚炎患者の心理的介入の必要性に関する検討 15回日本行動医学会学術総会プログラム抄録集,47
  26. 髙垣耕企・岡島 義・坂野雄二(2009).報酬と罰の感受性の組み合わせパターンと抑うつ症状の関連 第15回日本行動医学会学術総会プログラム抄録集,87
  27. 髙垣耕企・岡島 義・坂野雄二2009).報酬反応性と抑うつ症状の関連性 日本心身医学会北海道支部第34回例会プログラム抄録集,27
  28. 岡島 義・井上雄一(2008).睡眠薬服用後も不眠症状を訴える不眠症患者に対する認知行動療法―2症例報告 不眠研究会第24回研究発表会抄録集,18
  29. 高垣耕企・岡島 義・坂野雄二(2008).報酬と罰の感受性と認知的要因が抑うつに与える影響構造方程式モデリングを用いた検討 日本認知療法学会第8回大会抄録集,190
  30. 樋町美華・岡島 義・羽白 誠・坂野雄二(2008).成人型アトピー性皮膚炎患者の症状部位および心身症罹患と日常生活の支障度との関連について 第49回日本心身医学会総会ならびに学術講演会抄録集,553
  31. 金澤潤一郎・岡島 義・古川洋和・坂野雄二(2008).成人期のADHD患者の服薬アドヒアランスに関する検討 日本心身医学会北海道支部第33回例会,12
  32. 中島 俊・岡島 義・古川洋和・山内 剛・金沢潤一郎・小窪華江・増田由衣・安藤孟梓・吉岡拓哉・永峰利幸・原井宏明・坂野雄二(2008).うつ病患者に対する服薬アドヒアランスの改善を目的としたセルフ・モニタリングの効果の検討予備的研究 日本心身医学会北海道支部第33回例会,10
  33. 町美華・岡島 義・羽白 誠・坂野雄二(2008).アトピー性皮膚炎患者の重症度に関する検討 日本心身医学会北海道支部第33回例会,9
  34. 岡島 義・坂野雄二(2007).安全確保行動に関する教示が社会不安症状に及ぼす影響 第7回日本認知療法学会プログラム・抄録集,97
  35. 樋町美華・岡島 義・羽白 誠・坂野雄二(2007).成人型アトピー性皮膚炎患者の痒みに対する不安が掻痒の程度,掻破行動,疾患特異的健康関連QOLに及ぼす影響について 第44回日本心身医学会近畿地方会抄録集
  36. 樋町美華・岡島 義・羽白 誠・坂野雄二(2007).成人型アトピー性皮膚炎患者の痒みに対する不安が及ぼす影響についての検討 心身医学,47(6)504
  37. 樋町美華・岡島 義・羽白 誠・坂野雄二(2007).成人型アトピー性皮膚炎患者の痒みに対する不安と健康関連QOLの関連性 日本心身医学会北海道支部第32回例会,10
  38. 岡島 義・坂野雄二(2007).抑うつを伴う社会不安者と伴わない者の特徴 日本心身医学会北海道支部第32回例会,23
  39. 福原佑佳子・岡島 義・坂野雄二(2007).Liebowitz Social Anxiety Scale for Children and AdolescentsLSAS-CA)日本語版の作成 日本心身医学会北海道支部第32回例会,24
  40. 中村 亨・岡島 義・坂野雄二(2006).抑うつ症状を主とする入院患者を対象とした短期集団認知行動療法気分改善とストレス管理をねらいとして 日本行動療法学会第32回大会発表論文集,100-101
ポスター発表
国際会議
  1. Okajima I, Tanizawa N, Harata M, Chang J, Suh S, Yang C-M, Li S-X, Manber R, Trockel MT. Effect of e-mail-delivered CBT-I on insomnia, anxiety, and depression for university students in Japan: A randomized controlled trial. Poster session presented at the Worldsleep2019, Vancouver (22 Sep).
  2. Okajima I, Chen J. (2016). The impact of insomnia on the change in anxiety, depression, and social function after a transdiagnostic treatment targeting excessive worry. Poster session presented at the 8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies, Australia (24 June).
  3. Ishikawa S, Okajima I, Sasagawa S, Sato H, Otsui K, & Essau CA. (2013). Anxiety disorder symptoms between adolescents and parents: A cross-cultural comparison in UK and Japan. Poster session presented at the 4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference, Tokyo.
  4. Sasagawa S, Ishikawa S, Okajima I, Sato H, Otsui K, & Essau CA. (2013). Cross-cultural comparison of Taijin Kyofushosymptoms in Japan and England: A two-generation studyPoster session presented at the 4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference, Tokyo.
  5. Okajima, I., Hayashida, K., Nakamura, M., Kanno, M. Usui, A., Nakajima, S., & Inoue, Y. (2011). Effects of cognitive behavioral therapy on patients with pharmacological treatment-resistant insomniaPoster session presented at the Worldsleep2011 Conference, Kyoto.(Poster Prize 受賞)
  6. Komada, Y., Nomura, T., Okajima, I., Sasai, T., & Inoue, Y. (2011). The course of insomnia and health-related quality of life over two years: A longitudinal study in the general population in JapanPoster session presented at the Worldsleep2011 Conference, Kyoto.
  7. Sasagawa, S., Ishikawa, S., Okajima, I., Sato, H., Otsui, K., & Essau, C. A. (2011). Child-parent correlates of Taijin Kyofusho symptoms in Japan. Poster session presented at the 3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference, Seoul.(Poster Award 受賞)
  8. Takagaki, K., Okajima, I., Kunisato, Y., Nakajima, S., & Sakano, Y. (2011). Relationship between avoidant behaviors and activation on depressive symptom. Open paper session presented at the 3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference, Seoul.
  9. Kunisato, Y., Takagaki, K., Okajima, I., Nakajima, S., Ishikawa, S., Kanai, Y., Sakano, Y., Okamoto, Y., & Yamawaki, S. (2010). Development and validation of the Japanese version of Environmental Reward Observation Scale (EROS). Poster session presented at the 6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies, Boston.
  10. Takagaki, K., Okajima, I., Kunisato, Y., Nakajima, S., Akita, K., Kanai, Y., Ishikawa, S., & Sakano, Y. (2010). Development and validation of the Japanese version of Cognitive-Behavioral Avoidance Scale (CBAS): From the cross-cultural perspectives. Poster session presented at the 6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies, Boston.
  11. Himachi, M., Okajima, I., Hashiro, M., & Sakano, Y. (2010). Psychological characteristics of adult atopic dermatitis patients who need psychological intervention. Poster session presented at the 6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies, Boston.
  12. Okajima, I., Hayashida, K., Nakamura, M., Watanabe, M., Usui, A., Shibui, K., & Inoue, Y. (2010). Effectiveness of cognitive behavioral therapy on patients with hypnotics-dependent chronic insomnia. Poster session presented at the 6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies, Boston.
  13. Sakuta K, Komada Y, Kagimura T, Okajima I, Nakamura M, Inoue Y (2011). Determinant of daytime sleepiness and indication of the treatment in population with periodic limb movements during sleep. 20th Congress of the European Sleep Research Society, Lisbon, Portugal (2010/9/14-18).
  14. Okajima, I., & Inoue, Y. (2009). CBT for insomnia: A meta-analysis on treatment effectiveness. Poster session presented at the 43rd Annual meeting of the Association for Behavioral and Cognitive Therapies, New York.
  15. Kanazawa, J., Okajima, I., & Sakano, Y. (2009). Impacts of compensatory strategies and mood states on functional impairments in adults with ADHD. Poster session presented at the 43rd Annual meeting of the Association for Behavioral and Cognitive Therapies, New York.
  16. Komada, Y., Usui, A., Abe, T., Okajima, I., Asaoka, S., Matsuura, N., Shirakawa, S., & Inoue, Y. (2009). Nap duration, nocturnal sleep habits, and behavior problems among pre-school aged children in Tokyo. Poster session presented at the 6th Congress of Asian Sleep Research Society, Tokyo.
  17. Hashiro, M., Himachi, M., Okajima, I., & Sakano Y (2009). Anxiety to itch and Quality of Life in patients with atopic dermatitis. the 5th annual meeting of the Association for Psychocutaneous Medicine of North America, San Francisco, CA.
  18. Himachi, M., Okajima, I., Hashiro, M., & Sakano, Y. (2008). The relationship among psychosocial factor, disability in daily life, social anxiety and region of skin symptoms in adult atopic dermatitisPoster session presented at the 42nd annual meeting of the Association for Behavioral and Cognitive Therapies, Orland.
  19. Kanazawa, J., Okajima, I., & Sakano, Y. (2008). The effect of stimulant and non-stimulant mediation treatment in adult AD/HD in Japan. Poster session presented at the 42nd annual meeting of the Association for Behavioral and Cognitive Therapies, Orland.
  20. Takagaki, K., Okajima, I., & Sakano, Y. (2008). Relationship between reinforcement sensitivity and dysfunctional attitude among undergraduate studentsPoster session presented at the 2nd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference, Bangkok.
  21. Himachi, M., Okajima, I., Hashiro, M., & Sakano, Y. (2008). Relationship between sleep condition and psychosocial factors for adult atopic dermatitis patients. Poster session presented at the 13thCongress of the Asian College of Psychosomatic Medicine, Seoul.
  22. Kanazawa, J., Yamauchi, G., Okajima, I., Himachi, M., Nakajima, S., & Sakano, Y. (2008). Socio-economic status, comorbidity, and patients’ needs for treatment of adult AD/HD in Japan. Poster session presented at the 10th International Congress of Behavioral Medicine, Tokyo.
  23. Himachi, M., Okajima, I., Hashiro, M., & Sakano, Y. (2008). Examination of “Anxiety to itch” and the functional disability in daily life for adult AD patient: Relationship between symptom regions and the psychosomatic disease. Poster session presented at the 10th International Congress of Behavioral Medicine, Tokyo.
  24. Himachi, M., Okajima, I., Hashiro, M., & Sakano, Y. (2007). Effect of "Anxiety to itch" on health related Quality of Life though an itch and scratching behavior. Poster session presented at the 3rdAsian Congress of Health Psychology, Tokyo, pp. 70.
  25. Nakajima, S., Takatsuji, N., Okajima, I., Osawa, K., & Sakano, Y. (2007). Effect of psycho-education for individuals with trauma: A pilot study to enhance the motivation for treatment. Poster session presented at the World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies, Barcelona.
  26. Himachi, M., Okajima, I., Osawa, K., Hashiro, M., & Sakano, Y. (2007). Effect of "Anxiety to itch" on health related Quality of Life though the scratching: Comparison between the adult atopic dermatitis patients and the healthy students. Poster session presented at the World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies, Barcelona.
  27. Okajima, I., & Sakano, Y. (2006). Mechanism of exposure to social anxiety disorder: Comparison of the causal models by using the structural equation modeling. Poster session presented at the 1stAsian cognitive Behavior Therapy Conference, Hong Kong.
  28. Himachi, M., Okajima, I., Osawa, K., Hashiro, M. & Sakano, Y. (2006). Development of Itch Anxiety Scale for Atopic Dermatitis (IAS-D): Reliability and validity. Poster session presented at the 1st Asian cognitive Behavior Therapy Conference, Hong Kong.
  29. Okajima, I., Kanai, Y., Chen, J., & Sakano, Y. (2005). The influence that safety behavior on anxiety and negative thoughts in social phobia. Poster session presented at the 39th annual meeting of the Association for Behavioral and Cognitive Therapies, Washington, DC.
  30. Ishikawa, S., Okajima, I., Matsuoka, H., & Sakano, Y. (2005). CBT for anxiety disorders in children and adolescents: A meta-analysis. Poster session presented at the 39th annual meeting of the Association for Behavioral and Cognitive Therapies, Washington, DC.
  31. Okajima, I., Kanai, Y., Chen, J., & Sakano, Y. (2004). Coping behavior in Social Anxiety Disorder. Poster session presented at Congress of the Asian College of Psychosomatic Medicine, Okinawa
  32. Okajima, I., Sakamoto, S., & Sakano, Y. (2004). Relationship between Taijin-Kyofusho and the perceived familiarity to others. Poster session presented at World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies, Kobe.
国内会議
  1. 岡島 義・谷沢典子・原田 萌(2019).大学生の不眠に対するセルフヘルプ型認知行動療法の効果:ランダム化比較試験 第18回日本ストレスマネジメント学会定期学術集会,東京(8月24日)
  2. 秋冨 穣・梶山征央・岡島 義・山口美峰子(2019).睡眠日誌アプリを利用した将来の元気度の予測 第33回人工知能学会全国大会,1H3-J-13.(6月4日,新潟)
  3. 岡島 義・秋冨 穣・梶山征央・石井美穂・山口美峰子(2018).不眠に“速く効く”認知行動療法の検討:ICTを利用したCBT-Iのランダム化比較試験 第25回日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集,60.(12月9日,徳島)(優秀演題賞 受賞)
  4. 原 慎太郎・野中俊介・石井美穂・小川祐子・岡島 義(2018).Sleep Hygiene Practices Scale日本語版の開発と信頼性ならびに妥当性の検討 日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム・発表論文集,416-417.(10月28日,東京)
  5. 石井美穂・秋冨 穣・梶山征央・岡島 義・山口美峰子(2018).職域での「睡眠日誌」アプリケーションの利用可能性の検討.産業医学,60,382.
  6. 岡島 義・三島和夫・山寺 亘・稲田 健・田中春仁・藤田雅彦・小林美奈・綾部直子・河村麻果・陳内彩音・井上雄一(2018).慢性不眠障害に対する人的支援を伴わないWeb-based CBTiの有効性:多施設共同研究による無作為化比較試験 日本睡眠学会第43回定期学術集会,北海道(7月12日)
  7. 田口雄大・梶山征央・岡島 義・山口美峰子(2016).ICTを活用したテーラーメイド型認知行動療法による職域での不眠軽減効果の検討 日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,334-335.(10月10日,徳島)
  8. 羽澄 恵・中島 俊・岡島 義・越智萌子・井上雄一(2016).不眠障害患者の不眠の重症度と関連する心理学的特性の検討 日本睡眠学会第41回定期学術集会プログラム抄録集,216(7月7日,東京).
  9. 伊東若子・駒田陽子・岡島 義・井上雄一(2016).成人ADHD有症状者での日中眠気の実態:全国インターネット調査の結果から 日本睡眠学会第41回定期学術集会プログラム抄録集,234(2016年7月7日,東京).
  10. 中村真樹・岡島 義・中島 俊・羽澄 恵・田村典久・松井健太郎・佐藤萌子・井上雄一(2016).不眠症における脳内物質の変化と臨床的特徴 日本睡眠学会第41回定期学術集会プログラム抄録集,239(7月7日,東京).
  11. 中島 俊・岡島 義・羽澄 恵・越智萌子・井上雄一(2016).日本語版Anxiety and Preoccupation about Sleep Questionnaire(APSQ)の妥当性・信頼性の検証 日本睡眠学会第41回定期学術集会プログラム抄録集,243(7月7日,東京).
  12. 松井健太郎・中井隼人・岡島 義・駒田陽子・伊東若子・石郷岡 純・坂野雄二・井上雄一(2016).長・短時間睡眠者は健康か? 日本睡眠学会第41回定期学術集会プログラム抄録集,249(7月7日).
  13. 岡島 義・駒田陽子・伊東若子・井上雄一(2016).理想ー現実の睡眠時間のディスクレパンシーとsocial jetlagが日中の気分とパフォーマンスに及ぼす影響 日本睡眠学会第41回定期学術集会プログラム抄録集,251(7月7日,東京).
  14. 綾部直子・中島 俊・岡島 義・井上雄一・稲田 健・石郷岡 純・山寺 亘・伊藤 洋・草薙宏明・清水徹男・山下英尚・亀井雄一・三島和夫(2016).不眠症用QOL尺度(Quality of Life Scale for insomnija: QOL-I)の信頼性・妥当性の検討 日本睡眠学会第41回定期学術集会プログラム抄録集,283(7月8日,東京).
  15. 岡島 義・井上雄一(2015).併存不眠症に対する不眠の認知行動療法(CBT-I)の効果:メタ解析による検討 日本睡眠学会第40回定期学術集会抄録集,237.
  16. 越智萌子・岡島 義・宮本智之・井上雄一(2014).慢性緊張型頭痛が併存する不眠症患者に対するCBT-Iの実践 日本睡眠学会第39回定期学術集会抄録集,277.
  17. 中村 亨・井端累衣・岡島 義(2013).精神科外来患者に対する不眠の集団認知行動療法 日本行動療法学会第39回大会,東京.
  18. 岡島 義・中島 俊・越智萌子・井上雄一(2013).不眠の認知行動療法による不眠症状の改善とマインドフルネス,アクセプタンスの関連性 日本行動療法学会第39回大会,東京.
  19. 中島 俊・岡島 義・笹井妙子・井上雄一(2013).逆説性不眠症に対する認知行動療法(Cognitive behavioral therapy for paradoxical insomnia: CBT-PI)の開発とその効果.日本睡眠学会第38回定期学術集会抄録集,229.
  20. 中島 俊・岡島 義・笹井妙子・駒田陽子・井上雄一(2012).地域住民を対象としたクロスセクショナルスタディによる悪夢と不眠,抑うつの関連の検討 日本行動療法学会第38回大会発表論文集,300-301.
  21. 樋町美華・岡島 義・羽白 誠・坂野雄二(2012).アトピー性皮膚炎患者の発症時期と不安の関連についての検討―成人期アトピー性皮膚炎患者の不安を対象として― 日本心理学会第76回大会発表論文集,412.
  22. 中島 俊・岡島 義・井上雄一・高橋清久(2012).薬剤性パラソムニアおよび睡眠相後退を伴う気分障害に対して認知行動療法が奏功した1例 日本睡眠学会第37回学術集会プログラム・抄録集,277.
  23. 岡島 義・金井嘉宏・福原佑佳子・岡島純子(2011).児童青年期における社交不安障害の認知行動モデルの構築とサブタイプの検討 第4回日本不安障害学会学術大会抄録集,127.
  24. 高垣耕企・岡島 義・国里愛彦・中島 俊・坂野雄二(2011).長期的な結果を予測した行動選択が回避行動に与える影響の検討 日本行動療法学会第37回大会発表論文集,322-323.
  25. 中島 俊・岡島 義・小林美奈・井上雄一(2011).FIRST(Ford Insomnia Response to Stress Test)日本語版の作成と妥当性・信頼性の検討 日本行動療法学会第37回大会発表論文集,222-223.
  26. 中島 俊・岡島 義・小林美奈・井上雄一(2011).構造方程式モデリングを用いたストレス誘発性の認知的過覚醒に基づく不眠メカニズムの検討.日本睡眠学会第36回定期学術集会プログラム・抄録集,227,京都.
  27. 中島 俊・岡島 義・林田健一・中村真樹・管野芽里・碓氷 章・渋井佳代・井上雄一(2010).慢性不眠症患者に対する認知行動療法が抑うつ症状に及ぼす効果 日本行動療法学会第36回大会プログラム・抄録集,426-427.
  28. 岡島 義・国里愛彦・中島 俊・高垣耕企(2010).うつ病に対する行動活性化法に関するメタ分析的レビュー 日本行動療法学会第36回大会プログラム・抄録集,420-421.
  29. 高垣耕企岡島 義・国里愛彦・中島 俊・金井嘉宏・石川信一・坂野雄二(2010).行動的要因に注目した抑うつ気分の悪循環モデルの検討 日本行動療法学会第36回大会プログラム・抄録集,410-411.
  30. 高垣耕企・岡島 義・国里愛彦・中島 俊・金井嘉宏・石川信一・坂野雄二(2010).Behavioral Activation for Depression Scale(BADS)日本語版の作成 第10回日本認知療法学会プログラム・抄録集,140.
  31. 作田慶輔・駒田陽子・岡島 義・中村真樹・井上雄一(2010).周期性四肢運動障害における眠気規定因子及び周期性四肢運動指数の妥当性の検討 日本睡眠学会第35回定期学術集会プログラム・抄録集,255.
  32. 駒田陽子・岡島 義・野村哲志・井上雄一(2010).慢性不眠症がQOLに及ぼす影響 日本睡眠学会第35回定期学術集会プログラム・抄録集,189.
  33. 岡島 義・林田健一・中村真樹・渡邊芽里・碓氷 章・渋井佳代・井上雄一(2010).睡眠薬長期服用中の慢性不眠症患者に対する認知行動療法―不眠症状と抑うつ症状の改善効果― 第7回日本うつ病学会プログラム・抄録集,130.
  34. 岡島 義・駒田陽子・井上雄一2009).慢性不眠症患者と残遺不眠を伴ううつ病患者の心理学的,身体的特徴の比較 第34回日本睡眠学会プログラム&抄録集168
  35. 北守朋美・金澤潤一郎・伊藤武人・岡島 義・坂野雄二2009).社交不安障害のサブタイプの検討症状因子とストレス対処の特徴に焦点を当てて 第35回日本行動療法学会プログラム&抄録・発表論文集,548-549
  36. 金澤潤一郎・白川玲奈・岡島 義・中野倫仁・坂野雄二2009).成人のAD/HD傾向者の神経心理学的特徴の検討―Wender Utah Rating Scaleを用いて 第35回日本行動療法学会プログラム&抄録・発表論文集254-255
  37. 髙橋高人・岡島 義・坂野雄二(2009).中学生児童の不安症状と抑うつ症状,そして不安・抑うつの併存症状における社会的スキルの特徴 50回日本児童青年精神医学会総会抄録集,341
  38. 金澤潤一郎・岡島 義・坂野雄二(2009).成人期のAD/HD患者の補償方略と気分状態が機能障害に与える影響 日本発達障害学会第44回研究大会発表論文集,188-189
  39. 岡島 義・駒田陽子・野村哲志・井上雄一(2009).不眠が抑うつ症状に及ぼす影響地域住民を対象とした縦断的検討 第6回日本うつ病学会総会プログラム・抄録集,127
  40. 高垣耕企・岡島 義・坂野雄二(2009).抑うつ症状を伴う者の認知的要因と行動的要因の関連性縦断的調査による検討 第6回日本うつ病学会総会プログラム・抄録集,136
  41. 北守朋美・伊藤武人・岡島 義・金澤潤一郎・坂野雄二(2008).社会不安者のストレス対処―effort-distressモデルからの検討 日本行動療法学会第34回大会発表論文集,504-505
  42. 高垣耕企・岡島 義・坂野雄二(2008).報酬と罰の感受性が抑うつに与える影響の検討 日本行動療法学会第34回大会発表論文集,434-435
  43. 金澤潤一郎・岡島 義・坂野雄二(2008).成人期のAD/HD患者が行う行動的対処法の検討補償方略に焦点を当てて 日本行動療法学会第34回大会発表論文集,330-331
  44. 岡島 義・坂野雄二(2008).安全確保行動の修正による社会不安の軽減効果ビデオフィードバックを用いた検討 日本行動療法学会第34回大会発表論文集,298-299
  45. 吉岡拓哉・中島 俊・古川洋和・岡島 義・坂野雄二(2008).うつ病患者の服薬アドヒアランスと関連する要因の検討II―心理学的要因との関連 日本行動療法学会第34回大会発表論文集,280-281
  46. 中島 俊・吉岡拓哉・古川洋和・岡島 義・坂野雄二(2008).うつ病患者の服薬アドヒアランスと関連する要因の検討I―デモグラフィック・データ,副作用,処方された薬剤との関連 日本行動療法学会第34回大会発表論文集,278-279
  47. 高橋高人・岡島 義・坂野雄二(2008).児童に対するコーピング法の柔軟性に焦点を当てたストレスマネジメント 日本行動療法学会第34回大会発表論文集,190-191
  48. 大藪由利枝・山内 剛・高橋高人・岡島 義・坂野雄二(2008).児童の抑うつ症状に及ぼす自動思考の影響抑うつ症状の下位尺度に注目して 日本行動療法学会第34回大会発表論文集,154-155
  49. 岡島 義・福原佑佳子・山田幸恵・坂野雄二(2007).児童・青年期の社会不安尺度(SASC-RSAS-A)日本語版の作成 日本行動療法学会第33回大会発表論文集,152-153
  50. 大藪由利枝・岡島 義・髙橋高人・坂野雄二(2007).子どもの抑うつと非機能的認知の関連親子間に焦点を当てた検討 日本行動療法学会第33回大会発表論文集,230-231
  51. 髙橋高人・松岡紘史・岡島 義・樋町美華・古川洋和・山内 剛・坂野雄二(2007).医療現場におけるストレスマネジメントの有効性メタ分析による検討 日本行動療法学会第33回大会発表論文集,276-277
  52. 中島 俊・原井宏明・尾澤敬一郎・岡島 義・坂野雄二(2007).全般性不安障害患者に対する行動活性化としてのセルフ・モニタリングの効果の検討セルフ・モニタリングに対するアドヒアランスが及ぼす影響 日本行動療法学会第33回大会発表論文集,342-343
  53. 樋町美華・岡島 義・羽白 誠・坂野雄二(2007).不安想起状況における成人型アトピー性皮膚炎患者の掻破行動に関する検討 日本行動療法学会第33回大会発表論文集,380-381
  54. 金澤潤一郎・山内 剛・岡島 義・樋町美華・中島 俊・坂野雄二(2007).成人のAD/HD自助グループへのアンケートから(1)デモグラフィックデータの治療に対する評価の検討 日本行動療法学会第33回大会発表論文集,452-353
  55. 山内 剛・金澤潤一郎・岡島 義・樋町美華・中島 俊・坂野雄二(2007).成人のAD/HD自助グループへのアンケート結果から(2)自助グループへの参加動機となっている日常生活上の問題 日本行動療法学会第33回大会発表論文集,454-455
  56. 石川信一・秋山朋子・岡島 義・坂野雄二(2007).遊び場面における養育者と子どもの不安,行動の関連 日本行動療法学会第33回大会発表論文集,538-539
  57. 岡島 義・金井嘉宏・陳 峻・坂野雄二(2006).社会不安障害のアナログ研究における自記式M.I.N.I.の有用性に関する検討 日本行動療法学会第32回大会発表論文集,318-319
  58. 樋町美華・岡島 義・大澤香織・羽白 誠・坂野雄二(2006).痒みに対する不安尺度の開発(2)カットオフポイントの検討 日本行動療法学会第32回大会発表論文集,322-323
  59. 中島 俊・岡島 義・大澤香織・坂野雄二(2006).外傷体験者に対する心理教育の効果に対する検討予備的研究 日本行動療法学会第32回大会発表論文集,324-325
  60. 緒方慶三郎・岡島 義・坂野雄二・野添新一(2006).摂食障害傾向者における潜在的態度の測定―GNATGo/No-go Association Task)を用いて 日本摂食障害学会第2回大会発表論文集,64
  61. 岡島 義・金井嘉宏・陳 峻・坂野雄二2005).社会不安障害におけるAvoidance Behavior In-situation ScaleABIS)の開発 日本認知療法学会第4回大会発表論文集,125
  62. 岡島 義・金井嘉宏・笹川智子・陳 峻・坂野雄二2005).Social phobia and Anxiety Inventory日本語版の開発 日本行動療法学会第31回大会,394-395
  63. 樋町美華・岡島 義・大澤香織・羽白 誠・坂野雄二2005).痒みに対する不安尺度の開発 日本行動療法学会第31回大会発表論文集,360-361
  64. 岡島 義・坂野雄二2005).社会不安障害におけるエクスポージャーのメカニズムに関する検討 日本認知療法学会第5回大会発表論文集,124
  65. 岡島 義・金井嘉宏・陳 峻・坂野雄二2004).社会不安障害の対処行動に関する検討 日本行動療法学会大30回大会発表論文集,252-253
  66. 朝波千尋・金井嘉宏・大澤香織・松岡紘史・岡島 義・木戸真紀子・坂野雄二2004).境界性人格障害に対する弁証法的行動療法の治療効果に関するメタ分析自殺行動と自殺念慮について 日本行動療法学会第30回大会発表論文集,172-173
  67. 木戸真紀子・大澤香織・金井嘉宏・松岡紘史・岡島 義・朝波千尋・坂野雄二2004).境界性人格障害に対する弁証法的行動療法の治療効果に関するメタ分析情緒的側面と社会的適応について 日本行動療法学会第30回大会発表論文集,174-175
  68. 岡島 義・坂本真士・坂野雄二(2003).対人恐怖と人物の熟知度との関連性 日本行動療法学会第29回大会発表論文集,210-211