岡島研究室ようこそ!

  1. 生きとし生けるものは,必ず眠ります。
  2. こころやからだの病気になると,必ず睡眠が乱れます。
  3. 睡眠が改善するとこころとからだの調子が良くなります。

  なぜでしょうか?   — その答えは,まだ十分に解明されていません。

 

この研究室では,「睡眠行動科学」の実践と研究を行い,睡眠の改善による人々の幸せと健康を探求していくことを目指しています。

そのために,この研究室では,次の3つを柱にしています。

 

臨床実践

  • 睡眠障害をかかえるクライエントさんに対する認知行動療法の提供
  • 睡眠の悩みを抱えている精神疾患・身体疾患患者さんに対する認知行動療法の提供

              など

研究活動

  • 睡眠障害に対する認知行動療法に関するアウトカム研究(ランダム化比較試験)
  • 睡眠障害に対する認知行動療法による治療効果についてのプロセス研究
  • 発達障害のための睡眠改善プログラム(ハスカップ)の治療効果研究
  • 大学生の睡眠問題に対する睡眠改善プログラム(リフレッシュ)の治療効果研究

               など

社会普及

  • これまでの研究成果についての論文投稿や学会発表
  • これまでの研究成果と臨床実践で得られた経験に基づく市民公開講座の講師
  • これまでの研究成果と臨床実践で得られた経験をまとめた書籍執筆,メディア出演,アプリの共同開発
  • 専門家育成のためのスーパービジョンおよびセミナー講師

               など